日本ビーチバレーボール連盟

共通ヘッダを読みとばす

ここから本文

現在位置:ホーム > ビーチバレーとは > 歴史

  • facebook
  • twitter
  • twitter
  • youtube

ビーチバレーとは

ビーチバレーとは

ビーチバレーボールの歴史

ビーチバレーボールは1915年、ハワイのアウトリガーカヌークラブで誕生したと言われています。
波がなく、何もすることがないと不満を言うクラブのメンバーに、ヘッドコーチだったジョージ・デビッド・センターが砂浜にバレーボールのネットを張ったのが最初だと言われています。

1920年代、カルフォルニア州サンタモニカに砂浜が整備され、ビーチバレーボールのコートが作られたことで多くのビーチクラブが作られました。

同時期、アウトリガーカヌークラブに所属していた水泳のオリンピック金メダリストであり、世界的なサーファーであったデューク・カハナモクがカルフォルニアに来てプレーしたこともあり、ビーチバレーボールはレクリエーションとして、また競技としてさらに発展し、世界中に広がっていきました。

ビーチバレーボールも最初は6人対6人で行われていましたが、1930年サンタモニカ・アスレチック・クラブの選手だったポール・パブロ・ジョンソンが、メンバーが来るのを待つ間に2人対2人でプレーしたのが2人制のはじまりとされています。

1947年最初の2人制の公式戦がカルフォルニアで行われ、1987年ブラジルのイパネマビーチで最初のビーチバレーボール世界選手権が開催されました。

同じ年、日本でも神奈川県の鵠沼海岸で「第1回 ビーチバレージャパン」が開催されました。

1996年のアトランタオリンピックではビーチバレーボールが正式種目となり、高橋 有紀子・藤田 幸子ペアが世界の強豪を相手に5位に入賞、2000年のシドニーオリンピックでは高橋 有紀子・佐伯 美香ペアが4位入賞を果たしました。
2008年北京オリンピックでは朝日健太郎・白鳥勝浩ペアが日本男子初の決勝トーナメント進出。9位という結果を残しました。

年表

1895年Worldアメリカでバレーボールが誕生
1915年Worldハワイでビーチバレーボールが誕生
1930年Worldカリフォルニアで最初の2人制ビーチバレーボールが誕生
1947年Worldカリフォルニア州のステートビーチで最初の2人制ビーチバレーボールの公式戦が開催される
1987年Worldブラジルのイパネマビーチで最初のビーチバレーボール世界選手権が開催
 Japan神奈川県藤沢市鵠沼海岸にて第1回ビーチバレージャパン開催
1989年WorldFIVBワールドシリーズ(現ワールドツアー)がスタート
1990年Japan大阪府泉南郡岬長にてビーチバレージャパンレディースが3人制で開催。翌1991年より2人制となる。
1994年Japan国内ツアーとしてビーチバレージャパンサーキットがスタート
1996年Worldアトランタ五輪でビーチバレーボールが正式種目として開催
アトランタ五輪出場:高橋 有紀子・藤田 幸子ペア(5位入賞)
 Japan石阪 有紀子・中野 照子ペア(9位)、瀬戸山 正二・高尾 和行ペア(17位)
オリンピックレフリー:今野 正明
1997年Japan大阪国体にて公開競技としてビーチバレーボールが初めて開催される
シドニーオリンピック出場:高橋 有紀子・佐伯 美香ペア(4位入賞)
2000年Japan石阪 有紀子・清家 ちえペア(19位)
オリンピックレフリー:今野 正明
2002年Japan釜山アジア競技大会で白鳥勝浩・渡辺聡ペアが優勝
2004年Japanアテネオリンピック出場:徳野涼子・楠原千秋ペア(17位)
オリンピックレフリー:藤井 孝
北京オリンピック出場:白鳥勝浩・朝日健太郎ペア(9位)
2008年Japan佐伯 美香・楠原 千秋ペア(19位)
オリンピックレフリー:藤井 孝
2016年Japanリオデジャネイロオリンピックレフリー:里美 真理子
2017年Japan愛媛国体よりビーチバレーボールが国体の正式競技となる

このページの先頭へ