川崎マリエンシリーズ2016-2017 第5戦・第6戦エントリ―受付中!

日本ビーチバレーボール連盟

共通ヘッダを読みとばす

ここから本文

現在位置:ホーム > JBV

  • facebook
  • twitter

JBV

日本ビーチバレーボール連盟規約

日本ビーチバレーボール連盟規約
第1章 総則
第1条 本連盟は、日本ビーチバレーボール連盟(英文ではJapan Beach Volleyball Federation)と称する。
第2条 本連盟の所在地は、神奈川県川崎市に置く。
第2章 目的
第3条 本連盟は、公益財団法人日本バレーボール協会に協力し、我が国のビーチバレーボールを統括し、加盟団体相互の連携・協力を促進して、ビーチバレーボールの健全な普及発展を図ることを目的とする。
第3章 事業
第4条 本連盟、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
  1. ビーチバレーボールに関する各種競技会の開催
  2. ビーチバレーボールに関する各種競技会の公認・後援及び指導
  3. ビーチバレーボールに関する各種講習会の開催及び指導者の養成
  4. ビーチバレーボールに関する強化合宿及び強化研修会の開催
  5. ビーチバレーボールに関する各種国際競技会への選手選考及び選考
  6. ビーチバレーボールに関する競技規則の制定及び研究
  7. ビーチバレーボールに関する施設・用具の認定及び管理
  8. ビーチバレーボールに関する諸団体・関連事業の連絡調整
  9. ビーチバレーボールに関する各種調査及び研究
  10. ビーチバレーボール関係功労者の表彰
  11. その他、本連盟の目的達成のために必要な事業
第4章 組織
第5条 本連盟は各都道府県が推薦するビーチバレーボールの統括団体もしくは本連盟の趣旨に賛同する団体で組織する。
第6条 連盟に加盟を希望する団体は、理事会の決議を経て加盟することができる。加盟団体を脱会しようとするときは、理事会の承認を受けなければならない。
第5章 役員
第7条 本連盟に、次の各号に掲げる役員を置き、その定数は当該各号に定めるところによる。
  1. 会長 1名
  2. 副会長 若干名
  3. 理事長 1名
  4. 副理事長 若干名
  5. 理事 20名以内
  6. 監事 2名以内
第8条 本連盟の役員の選出と任務は、次のとおりとする。
  1. 役員は、加盟団体からの選出と学識経験者で構成する。役員は別に定める選考委員会において選考し、理事会承認後、代議員会に報告し、会長がこれを委嘱する。
  2. 会長は、理事会で互選する。会長は本連盟を代表し会務を統括する。
  3. 副会長は、理事会で互選する。副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代行する。
  4. 理事長は、理事会で互選する。理事長は、本連盟の会務を処理執行する。緊急事項については、理事長が先決執行することができる。この場合は次期理事会で承認を得るものとする。
  5. 副理事長は、理事会で互選する。副理事長は、理事長を補佐し、理事長事故あるときはその任務を代行する。
  6. 監事は、理事会で推薦し、代議員会の承認を得て会長がこれを委嘱する。監事は本連盟の業務および会計を監査する。
  7. 理事及び監事は、相互に兼ねることができない。また、監事には、この団体の使用人が含まれてはならない。
第9条 本連盟の役員の任期は、2年とする。ただし再任を妨げない。役員に欠員が生じたときは、第8条に基づいてこれを補充する。この場合の任期は、前任者の残任期間とする。
第10条 第7条に定める役員は、満70歳をもって定年とする。ただし、任期期間中に定年年齢に達しても任期満了まではその職務を行う。
第11条 本連盟に、顧問・参与を置くことができる。
  1. 顧問は、この連盟の功労者のうちから理事会の推薦により、会長がこれを推挙する。
  2. 参与は、この連盟の加盟組織団体の会長および関係者の中から理事会の推薦により会長がこれを推挙する。
  3. 顧問・参与は、特定事項について会長の諮問に応ずる。
第6章 会議
第12条 本連盟に次の会議を置く。
  1. 理事会
  2. 代議員会
  3. 運営委員会
第13条 理事会および代議員会は、必要に応じて会長がこれを召集し、かつ議長となる。理事会は、本連盟の会務を審議決定する。
第14条 代議員会は、加盟団体から推薦された者で構成する。
第15条 理事会の下に各委員会を置き、理事会の決議に基づいて日常業務を処理する。
  1. 委員長は、理事会の決定に基づいて本連盟の理事がなる。または(公財)日本バレーボール協会の推薦に基づいて選出する。
  2. 委員は、理事会の承認を得て選出する。
第16条 運営委員会は、会長、理事長、各委員長にて組織される。必要に応じて会長、理事長または事務局長がこれを召集し、かつ議長となる。緊急案件について運営委員会で先決執行できる。この場合は次期理事会で承認を得るものとする。
第17条 会議は、2分の1以上の出席をもって成立し、議事は、出席者の過半数をもって決定する。ただし、あらかじめ通知された事項について、書面をもって表決し、又は他の構成員を代理人として表決を委任した者は出席者としてみなす。
第7章 会計
第18条 本連盟の経費は、寄付金およびその他をもってこれにあてる。
第19条 本連盟の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
第8章 補則
第20条 本連盟は、公益財団法人日本バレーボール協会に加盟する。
第21条 この規約は、理事会の決議によって変更することができる。
第22条 この規約の細則は、理事会の決議に経て、別に定める。
附 則
この規約は、平成9年4月1日から施行する。
平成15年3月8日一部改定。
平成16年9月所在地を現在地に移転
平成24年4月1日一部改定。
平成26年3月2日一部改定。
平成27年6月所在地を現在地に移転

このページの先頭へ